絵本は1冊のページ数が少ないにも関わらず、新品は1冊1000円以上はします。子供は服や養育費など何かと出費がかさむので、親としては絵本代を節約したいところです。そこで利用するものが中古品です。そのため需要があり、絵本はせどりで販売しやすい商品です。
絵本せどりで稼ぐためには、商品の仕入れ方にポイントがあります。

●付録付き
付録がついていると遊べるので子供が喜びます。具体的に付録とは、CD、キャラクター関係のグッズ、シールなどです。
新品の場合ならこういった付録がついていることがあります。中古品は付録なしのこともあるので、商品の状態をよく確認してから仕入れるようにしましょう。

●カバーがないもの
本をせどりで販売する場合、カバーがついているものを扱うことが基本です。しかし、これは絵本には当てはまりません。
小説や実用書など大人が読むようなものは、汚れないようにするためや、他人に何を呼んでいるのかわからないようにするために、カバーがついていることが重視されます。しかし、絵本は主に子供が読みます。そのため、すぐに汚れてしまうのでカバーがあってもなくてもほとんど変わらず、また何を読んでいるのか人に知られようと構いません。こういったことから、カバーの有無は重視されていません。
カバーなしの絵本はカバーありに比べて販売価格が安いことがあるので、仕入れの狙い目です。

●セット売り
1冊ずつ別々に売ると安い商品でも、セットで販売すると高値をつけられることがあります。
購入者にとって1冊ずつ探して購入することは大変です。セット商品なら全巻を探す手間を省くことができて喜ばれます。
人気シリーズはシリーズ数が多いので全巻そろえることは大変かもしれませんが、すべての巻をそろえてみましょう。1巻足りなかっただけでも価格は大きく変わります。

●映画・アニメ・ドラマ化された絵本
映画・アニメ・ドラマ化された絵本は話題になります。話題のものは検索する人が多く、商品を売りやすくなります。また、話題のものは高い価格でも売れる可能性があります。
話題になってからでは仕入れが困難になったり、仕入れ価格が高くなったりするので、話題になる前に仕入れておくとよいでしょう。そのためには、最新の情報をこまめに確認しておく必要があります。

●飛び出す絵本、動く絵本
子供は動くものが好きです。そのため、飛び出す絵本や動く絵本は子供に喜ばれて、喜ぶものを親が購入する傾向があります。